危険生物1
危険生物2 ・5~10月頃、港の中や人工ビーチ、入江など静かなところや波打ち際の浅い場所
にいることが多い
・触手に毒がある
・傘の径は約10~12センチで形は四角い箱型に近く、触手を伸ばすと大きいもので
約1.5~2メートルにもなる
・半透明な身体をしていることから、発見が難しいので非常に厄介な存在
・振動するものを餌と間違えて絡みつく習性があるので、海に入る時はゆっくりとした動きを心がけるといい

刺されないためには・・・

・ハブクラゲの刺胞は1ミリに満たない長さなのでラッシュガードやウェットスーツを着用していれば身体への被害は、ほとんど防げるといわれている

【もしも刺された場合の応急処置】

食酢をかけ、触手を手で取り除く(食酢がない場合は、海水で触手を十分洗い落とす)
※砂をかけて払い落としたり、かいたりこすったり、真水をかけると、刺胞から毒針が発射されるので絶対に行わない)
氷や冷水で冷やすと痛みを緩和させる効果がある刺された場合は、はじめはミミズ腫れだが次第に大きな水ぶくれになる
危険生物3 ・数は少ないが、時々見かける

刺されないためには・・・

テーブルサンゴの下などに隠れていることがあるので、手を入れない
トゲは非常に鋭く、もろいため、折れて皮膚の中に残ることがある

【もしも刺された場合の応急処置】

患部に毒針が残っている場合は除去
40~45℃のお湯で30分~1時間温めることで、毒を死活させる刺されると赤く腫れ、痛みや麻痺、吐き気を伴うこともある
・かなりの頻度で会う
・爬虫類と魚類に分けられるが、毒があるのは爬虫類の方で陸上の空気を吸うため
浮上してくるので、違いがわかる
・毒の強さはハブの数十倍といわれているが、毒の出る歯は一番奥にあるので、奥でかまないと被害はないといわれる

噛まれないためには・・・

・むやみに触ったりしない限り、噛むようなことはないといわれる
・噛まれた直後は、痛みや腫れは少なく多少しびれる程度だが、症状が出る前に陸にあがること

【もしも刺された場合の応急処置】

陸に上がり、患部より上心臓までの間を絞る
毒を絞り出す(口で吸っても大丈夫)
医療機関を受診エラブウミヘビ(毒をもつウミヘビ)には、陸上のヘビと同様に大きな腹板が残っていて、陸上を自由に移動することができるのだが、昼間は陸に上がり海岸の岩陰で休んでいることもあるので、注意が必要
・数は少ないが時々見る
・体長は30~40センチほどで、止まってじっとしていることがほとんどまわり
と同じように変わるのが得意)だが、時々胸ビレを手足のように動かし、這うように移動する
・コブ状の突起やくぼみがある。
・毒は背ビレの12~14本のトゲが存在する

刺されないためには・・・

海底に隠れていることもあるので、気づかずに踏んでしまわないように海の中では浮かんでいるのが無難

【もしも刺された場合の応急処置】

①患部を水で洗い、目に見えるトゲを取り除き、毒を絞る
患部より上、心臓よりを縛る
患部を40~45℃のお湯で30分~1時間温めると、毒が不活性化し痛みが和らぐとともに、解毒する
医療機関を受診
刺されて毒が回ってくると、痛みがはじまり水泡ができ腫れあがる。吐き気や下痢、発熱を伴うこともある
・時々見る
・長いヒレがある美しい魚だが、背ビレ、胸ビレ、尻ビレに毒を持ったトゲを持つ
・体長は数センチ~30センチがほとんどで、止まってじっとしているかゆっくり泳いでいる
・サンゴの陰に隠れたり、潮の引いた潮だまりにもいることがある

刺されないためには・・・

岩陰では十分注意し、近づかないこと(写真を撮ることに夢中になりすぎない)

【もしも刺された場合の応急処置】

①水で洗い、毒を絞り出す
目に見えるトゲを取り除く
40~45℃のお湯に30分~1時間ほど温めると解毒作用もあり、痛みも和らいでくる・刺された場合は腫れあがり、ひどいときにはめまい、吐き気や下痢を伴うこともある
5~7月の西、南風で風が強い日に現れる
・青い風船の部分が2~6センチほどで、下に垂れ下がっている触手は20~50センチほど

刺されないためには・・・

ウェットスーツやラッシュガード、レギンスやグローブ、ブーツなどで、肌の
見える部分を少なくしよう
海岸に打ち上げられていても、生きている可能性があるので、触らないこと

【もしも刺された場合の応急処置】

海水で触手を洗い流す(真水で洗ったり、酢をかけてはいけない。浸透圧の影響で毒液が体に注入されやすくなる)
もしくは、ガムテープの粘着を使って肌についている触手をとる
痛みが和らぐまで氷で冷やす・刺された場合は、別名電気クラゲのごとく、ビリっときて、ミミズ腫れになる
・数は少ないがいる
10センチほどで小さく、体と脚全体に綺麗なヒョウ柄の模様がある
危険が迫ったり、興奮すると体色は明るい黄色に変化し、鮮やかなルリ色のリング
状や棒状の模様が現れる
・マダコなどと同様に、普段は岩礁や岩塊に似た形をしており、ルリ色の模様はほとんど確認できない
・ただ胴体のゴツゴツした突起の特徴やなんとなく青っぽく見える模様から確認できる
・浅い海の間の岩の下、潮だまりにもいることがある
・8本足の中央にある口で噛みついてくる

刺されないためには・・・

見つけても触らず、決して近づかない

【もしも刺された場合の応急処置】

①すみやかに陸に上がり、毒を手で絞り出す(口で吸うのは危険)
患部より上~心臓側を絞って、医療機関を受診
・噛まれたら、筋肉麻痺が始まって痙攣、呼吸困難になることもある
・唾液に含まれるフグ毒と同じテトロドキシンは解毒剤がないのが現状
・沖縄では、ハブ貝やイモガイと呼ばれる。イモガイの名前は形が円錐形で、里芋に形が似ていることから名づけられた
8~13センチの大きさで、貝殻の色や模様は様々で、明るい灰色から帯褐色、中には赤みがかったまだら模様のものもある
・夜行性なので、昼間は岩の下などに潜んでいる
・イモガイの仲間は口内に猛毒を注入する毒針を隠し持っている

刺されないためには・・・

触ったり、刺激を与えなければ、基本的には襲ってくることはないので、見つけても触らないこと

【もしも刺された場合の応急処置】

毒を出す(口で吸っても構わない)
患部より心臓側を圧迫し、毒が全身にまわらないようにする
医療機関を受診
・刺された際の痛みは小さいが神経が麻痺し、応急処置をしない場合は20分でのどの渇き、めまい、
歩行困難、血圧低下、呼吸困難の症状が現れる、症状の痛みのピークは刺されて5~6時間と言われる